記事一覧

カシオ(CASIO) 男の魅力を代弁する腕時計


独特のムラ感があるメタリックグリーンのケースがアクセントとなった腕時計。ミリタリーテイストのデザインが特徴で、無骨な雰囲気を好む方におすすめです。

長方形のデジタルディスプレイでは、時刻や日付、曜日を確認可能。ストップウォッチやアラームといった便利機能も充実しています。悪天候の際にも装着しやすい、日常生活用防水仕様です。



軽量で薄型の樹脂製ケースを採用した、着け心地のよい腕時計。スクエアタイプのディスプレイには、時刻はもちろん日付や曜日も表示できます。

アラームやストップウォッチといった便利機能を備えており、1000円台とは思えないほどの多機能性が魅力。LEDライトを搭載しているため、暗い場所での視認性に優れています。



ステンレス製のメタルバンドを採用しており、1000円台には見えない高級感が魅力の腕時計。バンドはフリー中留タイプで、長さの調節が簡単です。ほどよい重厚感があるため、スーツスタイルに馴染みやすくビジネスシーンで重宝します。

日付・曜日表示のほか、アラームやストップウォッチといった便利機能を搭載。日常生活用防水仕様で、水滴が付着するのを気にせず装着できます。

【関連記事】:http://shuheihei.top/

「腕時計は自己表現だ」カルバン・クライン ウォッチの新たな変革期

1997年のスタート以来、クリーンかつ革新的なデザインのモデルを発信し、腕時計業界において独自の地位を築いてきたカルバン・クライン ウォッチ。

ブランドを率いるカルロ・ジョルダネッティ氏は「新たな変革が始まっています」と語る。

カルバン・クライン ウォッチとは?
1968年にNYでスタートした米ファッションブランド、カルバン・クライン。そのウォッチコレクションとして、スイス最大の時計グループ企業であるスウォッチ グループとともに、’97年に設立されたブランドがカルバン・クライン ウォッチである。それまでの腕時計にはなかったエッジィなデザインと信頼性の高いETA社製ムーブメントを組み合わせた、革新的なプロダクトを製作。アクセサリー時計におけるパイオニアとして、今もシーンを牽引し続けている。

「腕時計は身体の一部であり、自分自身の表現だと思う」

プレジデント カルロ・ジョルダネッティ氏。イタリア生まれ。カルバン・クライン ウォッチの設立以前、’87年にスウォッチ グループでのキャリアをスタート。スーパーコピー時計アートプロジェクトから新製品開発まで、さまざまな業務を経験する。2007年にモンブランのクリエイティブ・ディレクターに就任し、業績向上に大きく貢献。’12年からはスウォッチ グループ全体のクリエイティブ・ディレクターを務め、ブランド戦略やPR、ストアデザインなどを担当している。趣味はギャラリー巡り、オペラ鑑賞、料理。
クリーンで、ミニマルで、タイムレス。都会で身に着けるのにふさわしい腕時計。それが、我々の抱くカルバン・クライン ウォッチのイメージだ。

しかし今、ブランドは変革期を迎えているという。製品デザインやコンセプトが、これまでとまったく変わってしまうのだろうか?

去る3月にスイスで開催されたバーゼルフェアで、プレジデントのカルロ・ジョルダネッティ氏に話を聞いた。

「今年、大もとであるカルバン・クラインのロゴデザインが変わりました。これまでは大文字と小文字の組み合わせでしたが、すべて大文字での表記になったのです。それに伴い、我々も大胆に変わっていきます。最も大きな変更点となるのは“色”です」。

以前はブラック、ホワイト、シルバーといった、最小限の色使いが特徴であり、そこから生まれる洗練こそ、このブランドのエッセンスであった。

「そのとおり。でもこれからはブルーやヴィンテージオレンジといった明るい色も使って、より若々しくスポーティな雰囲気の商品を作っていきます。その代表となるのが“カルバン・クライン アチーブ”。1960〜’70年代前半のテイストを、色使いと素材使いで表現したラインです」。

“カルバン・クライン アチーブ”ラインは、アメリカらしさとヴィンテージ感を備えた腕時計である。そもそもこのような変革の流れが起きた理由はどこにあるのだろうか。

ラフ・シモンズ(※1)がカルバン・クラインのチーフクリエイティブオフィサーに就任し、2017-18年秋冬のデビューコレクションを終えたこの時季。彼の意図が反映された腕時計が、製品として消費者の目に留まり始めたということか。

「確かにこの“アチーブ”は、ラフ・シモンズのリクエストによって生まれたライン。これ以外のすべての商品も、ラフ・シモンズの承認を受けています。彼の監修によって、今まで以上に若い世代のカスタマーにアピールしたいと考えているのです」。

若いときからこのブランドを知る我々としては、生まれ変わる部分への期待が半分、一方で培ってきたアイデンティティが崩れることはないだろうかという不安が半分、というのが正直なところではある。

「変革と同時に、変えてはいけないこともあります。それはブランドが培ってきた哲学。’97年のスタート以来、私たちはタイムレスなファッションピースとしての腕時計を生み出してきました。タイムレスとファッション。相反する要素を融合させ、プロダクトとして具現化してきたモノ作りの哲学は、変えてはいけないと思っています」。

ブランドの哲学にのっとって、変革を恐れず新たな腕時計作りに取り組む。オメガの腕時計そのチャレンジングスピリットを象徴するプロダクトは、挑戦を忘れかけた我々に大きな刺激を与えてくれる。そう、新たなカルバン・クライン ウォッチは、我々にこそ必要な時計なのだ。

「若さというのはマインドの問題。パスポートの年齢と心の年齢は違いますからね。腕時計は小さなアイテムですが、パーソナリティを映し出す鏡でもある。身体の一部であり、自分自身の表現だと思う。そう、腕時計ひとつで若々しさも表現できるのです」。

【関連記事】:デザイン豊富な日本のトートバッグ専門ブランド

カルティエの名作・サントスとサタデーズ誕生の歴史。両者の意外な接点

飛行家、アルベルト=サントス・デュモンのために、飛行中に時刻を確認できるようルイ・カルティエが腕に装着できる時計を作った。1904年、世界初となる腕時計の誕生だ。

それは「サントス ドゥ カルティエ」と名付けられた。そして、2018年。「サントス ドゥ カルティエ」は新しい顔を纏った。冒険的で独創的、不可能を可能にする男に似合うべく。そう、この3人の男たちのような……。

1人目は、サタデーズ ニューヨーク シティ ファウンダーのモーガン・コレットさん。

時計はオンとオフを切り替える装置だね。


「腕時計はオンとオフを切り替えるスイッチ」と開口一番。モーガン・コレットは、サタデーズ ニューヨークシティのファウンダーだ。サーフィンに行くときやリラックスしたい休日には腕時計を着けないが、都会で精力的に活動する際には不可欠なのだとか。

“サタデーズ”はサーフカルチャーとメトロポリタンライフを融合するブランド。その成功は誰もが知るところで、多くのフォロワーを生んだ。「誰も見たことがないブランドを作ったのは人生の冒険でした。理想だけを頼りに店を開けて、一緒に立ち上げた仲間とさあどうするって(笑)。彼らがいたからできたことですね」。

ルイ・カルティエと飛行家、アルベルト=サントス・デュモン。2人の友情と情熱によって生まれた“サントス”を思わせる誕生の物語。歴史の長さこそ違えど、その後のサクセスストーリーにも共通するものを感じる。

「今は生まれたばかりの娘との時間が至福。でも、時計を外せるときはまだ、多くないですけどね(笑)」。



K18PGケース、縦41.9×横35.1mm、自動巻き。195万円/カルティエ 0120-301-757
「祖父から受け継いだ時計もそうだからか、角型の時計が好きなんです」。手軽に着脱できるレザーストラップを装備したサントスのピンクゴールドが、鍛え上げられたモーガンの腕元でさりげなく輝く。あくまでカジュアルな付き合いができることが時計選びの条件。この日のような装いにもマッチするサントスは申し分ない相棒だ。



モーガン・コレット●サタデーズ ニューヨークシティ ファウンダー。NYを拠点に、サーフカルチャーと都会生活を融合したブランドを、ほか2人の共同ファウンダー(現在はうち1人が脱退)と2009年に設立。現在の人気獲得に貢献した立役者。最近は、1歳になる娘と遊んでリラックスしているそう。

サントスの世界が堪能できるポップアップイベント開催!

「サントス ドゥ カルティエ」をテーマにしたポップアップイベントが、5月31日(木)までカルティエ ブティック 六本木ヒルズ店で開催中。 この期間は店舗のデザインもサントス仕様となり、 豊富なラインナップが並ぶ。「道をつくる男」たちが着けたサントスの世界を堪能しに行ってみよう。また、サントスの世界観がわかる特設サイトも期間限定で公開している。こちらもチェック!

【関連記事】:プロのファッションニュース情報センター

今日の気分は何色? 気軽に着け替えられるカジュアルウォッチ

気軽に着け替えられるカジュアルウォッチなら、ファッションに合わせて色で遊ぶことも可能。さて、今日のスタイリングに最適な腕時計は何色?

CALVIN KLEIN WATCHES
カルバン・クライン・ウォッチ/カルバン・クライン エビデンス
絶妙な赤を纏ってスポーティかつ色気のある男に



SSケース、42mm径、クオーツ。2万9000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7380
絶妙な風合いのレッドカラーをラバーストラップにまで採用。ブラッシュ仕上げのケースも相まって、スポーティかつ色気たっぷり。

PAUL SMITH WATCH
ポール・スミス ウォッチ/チャーチ・ストリート
カメラのディテールを取り込んだ意欲作



SSケース、40mm径、クオーツ。3万7000円/ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600
元ネタは、ポール氏が幼い日に慣れ親しんだアンティークカメラ。インデックスや12時位置のインダイヤルなどのディテールにニヤリ。

CURSUS VICTUS
カーサスヴィクタス/CMXIp
デザイナー自身も愛するクラシックカーへのオマージュ



SSケース、45mm径、クオーツ。5万5000円/アイ・ネクストジーイー 03-5496-4317
クラシックスポーツカーがイメージソース。スポーティなナイロンストラップの配色に加え、メーターやオイルゲージを模した顔つきが印象的。

MONDAINE
モンディーン/モンディーン クラシック シーズナルコレクション
重みのある歴史と軽やかな配色が融合


SSケース、40mm径、クオーツ。2万8000円/DKSHジャパン 03-5441-4515
スイス国鉄オフィシャルウォッチのデザインを踏襲しつつ、ミッドセンチュリー的な配色でポップに。硬軟交えた、そのサジ加減たるや!

SKAGEN
スカーゲン/ハーゲン スリム
シンプル&ヒュッゲなデンマークらしさが凝縮



SSケース、40mm径、クオーツ。2万3000円/フォッシルジャパン 03-5992-4611
北欧らしいシンプルデザインのなかで、自然を感じさせるグリーングラデーションの優しさに心安らぐ。これぞ、スカーゲンの真骨頂。

【関連記事】:すべての最高級のデザインは私たちの生活と切り離せない

クラシカルな品格が漂うオメガ「デ・ヴィル トレゾア」

変革を続けるコレクションから新作が登場
 1949年に初登場したスリムでエレガントなトレゾアコレクション。トレゾアとはフランス語で「宝物」を意味する言葉だ。スーパーコピーブランド専門店その言葉が表す通り、時代を越えて多くの人々の大切な存在となってきたタイムピースで、オメガの歴史を語る上で欠かすことができない伝説の30mmキャリバーを搭載したことでも大きな話題となった。

 その後、常に変革を続けながらコレクションを展開し、特に「デ・ヴィル」はオメガのクラシックなメンズウォッチとして現在も人気を誇る。今回登場する「デ・ヴィル トレゾア」の新作は男性のビジネスシーン、プライベートシーンにおいてもなじみやすい品格が漂うデザインだ。



上記2モデルのいずれも、ダイアルには控えめでありつつ、静かな存在感を持つ。6時位置の日付窓やポリッシュ仕上げがされた18KWG針、ボンベダイアルの形状に合わせたインデックスが配されている。

 ムーブメントにはマスタークロノメーター認定を受けた手巻きのCal.8910が搭載されている。

 クラシックな印象でビジネスシーンに向いたデザインでありつつ、全体の雰囲気としては削ぎ落とされたモダンなスタイルでもある同作。そのため汎用性が高く、思わず誰もが一度は腕に乗せてみたくなるような魅力を放っている。

ベゼルに72石のダイヤモンドが配されたモデルもラインナップに追加
 また、同作ではダイヤモンドをベゼルにセッティングしたモデルも2モデル発売される。bibicopy 届かない複雑な時計製造技術があるからこそ、華やかな素材を使用しても品格を失わないということが、このふたつのダイヤモンド巻きモデルから伝わってくる。

 男性用のダイヤモンド付きのタイムピースはともすれば派手になりすぎて、よほどのキャラクターの持ち主でなければ時計だけが浮いてしまうこともあるが、この2モデルはおそらく平均的な日本人男性の腕から浮き立つことはないだろうと想像する。ダイヤモンドウォッチの奥深さを知る入り口となるかもしれない。


【関連記事】:石川県の最新ファッションブランド情報

【2021新作時計】カール F. ブヘラ「パトラビ スキューバテック ブラック」

カール F. ブヘラは、ダイバーズウォッチ「パトラビ スキューバテック ブラック」を発売する。ブラックを基調としたカラーリングに500m防水を誇り、デザインとスペックの両面において優れたモデルとなっている。



パトラビ スキューバテック ブラック
高い防水性を実現させるための大型のケースは、軽量のチタンを素材として用いることによって装着感にも配慮されている。自動巻き(Cal.CFB 1950.1)。25石。パワーリザーブ約38時間。Ti+DLCコーティング(直径44.6mm、厚さ 13.45mm)。500m防水。900,000円(税別)。5月発売予定


よりクールに進化した”ブラックマンタ”のDNAを受け継ぐダイバーズウォッチ
 カール F. ブヘラは昨年、「パトラビ スキューバテック ブラックマンタ スペシャルエディション」を発売した。ジラール・ペルゴ 時計稀に出現する全身が黒いマンタ(オニイトマキエイ)である”ブラックマンタ”をイメージしたこのモデルは、DLCコーティングされたチタン製のケース、マンタのシルエットがデザインされたブラックダイアル、そして500mもの高い防水性能により、大きく注目を集めた。

 今回発売される「パトラビ スキューバテック ブラック」は、その特徴を受け継ぎつつ、よりクールなテイストに仕上げたモデルだ。ケースは変わらずにDLCコーティングされたチタン製であるが、ダイアルやベゼルはブラックで統一された。単色では少し地味になってしまうかに思われるが、ダイアルに施された波のようなパターンとセラミック製のツヤのあるベゼルが良いアクセントとなっている。スーパールミノバをふんだんに使用したインデックスと針のホワイトとのコントラストによって、ダイバーズウォッチに不可欠な視認性にも優れている。ムーブメントはキャリバーCFB 1950.1を搭載。COSC(スイスクロノメーター検定協会)の正式な認定を取得しており、その精度は折り紙つきだ。

 「パトラビ スキューバテック ブラック」には、2種類のバリエーションが用意されている。一つは同社の海洋保護の取り組みから生まれた、ペットボトル再生繊維製ラバーストラップが装着されたもの、もう一つはブラックのラバーストラップが装着されたものである。



海洋から集めたペットボトルをリサイクルし、ストラップの素材の一部に使用したバージョン。同社は海洋保護にも力を入れており、「パトラビ スキューバテック ブラックマンタ スペシャルエディション」では、売上金の一部をマンタの保護団体であるマンタトラストに寄付する取り組みを行っている。



ダイバーズウォッチらしいシンプルなラバーストラップを採用したバリエーション。スムースなデザインが時計全体のクールな雰囲気にマッチしている。

【関連記事】:最高な時計ブランド

ブランパン「ヴィルレ」に直径38mmケースのモデルが登場

ブランパンの「ヴィルレ」コレクションに直径38mmケースのモデル「ヴィルレ ウルトラスリム」が追加される。ダブルステップケースやローマンインデックス、リーフ針のデザインはそのまま受け継ぐ。ケース素材はSSとRGの2種が用意され、それぞれストラップとブレスレット、宝石のありなしのバリエーションが用意されている。


ブランパン「ヴィルレ ウルトラスリム」
同社を代表するドレスウォッチである「ヴィルレ」。直径38mmケースがラインナップされたことで、より多くの選択肢から自分に合ったものを選ぶことができるようになった。自動巻き(Cal.1150)。28石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約100時間。18KRG(直径38.0mm、厚さ8.35mm)。3気圧防水。172万円(税別)。
優美なデザインはそのままに、より多彩になった選択肢
 ブランパン創業地の名を冠する「ヴィルレ」。ブランドを代表するドレスウォッチである同コレクションに、直径38mmケースの絶妙なサイズのモデルが追加される。

 今回発表された「ヴィルレ ウルトラスリム」は、3針にデイト機能が搭載されたシンプルなモデルである。デザインは従来の同コレクションの特徴をそのまま受け継ぐ。ダブルステップケース、エレガントなローマンインデックス、流れるようなシルエットのリーフ針は、新しい直径38mmのケースサイズでもバランス良く配置され、上品さと視認性を両立させている。

 ユニークな書体のホワイトゴールド製インデックスは合計28個の部品で構成され、そのひとつひとつを手作業でセットする。十分な厚みと丸みを帯びた形状によって立体感を持った針は内部に穴を開け、繊細なデザインとなっている。秒針のカウンターウェイトには、創業者であるジャン-ジャック・ブランパンのイニシャルである“JB”があしらわれている。

ブランパン「ヴィルレ ウルトラスリム」
ステンレススティール製ケースのモデルも用意される。アリゲーターストラップとミルマイユブレスレットから選択することが可能だ。ミルマイユブレスレットは細かいコマをひとつひとつ手作業で組み上げる。しなやかな着け心地とエレガントな意匠がヴィルレにぴったりのブレスレットだ。
 クラシカルなデザインが魅力のモデルであるが、反して搭載されるムーブメントはふたつの香箱による約100時間ものロングパワーリザーブ、シリコンヒゲゼンマイによる高い耐磁性と精度の安定性など現代的なスペックを持つ。今や高級機に当たり前のように備えられたこれらの機能であるが、Cal.1150に関しては同社が多くのモデルに長年採用し続けていることもあり、その信頼性は実機で証明されている通りだ。

 サーキュラーグレインやコート・ド・ジュネーブ、ペラルージュなどの装飾が施された地板や受けに加えて、ハニカムパターンが刻まれたゴールド製のローターは、裏蓋のサファイアクリスタルを通して鑑賞することができる。

 ケース素材のバリエーションは、ステンレススティール製とレッドゴールド製の2種類が用意されている。それぞれアリゲーターストラップとミルマイユブレスレットから選択可能だ。


ブランパン「ヴィルレ ウルトラスリム」
ステンレススティール製、レッドゴールド製モデルともに宝石をあしらったバリエーションが用意されている。着用シーンに合わせてさまざまなモデルから選ぶことができる。

日本人初のパネライ アンバサダー「反町隆史」がオンラインイベントに登場し、パネライファンと交流

パネライは、日本のパネライファンに向けて、オンラインイベントを開催した。イベントには、俳優でパネライアンバサダーの反町隆史が登場し、パネライファンとオンライン上で会話し、質問に答えるなど、オンラインならではの双方向コミュニケーションが実現した。



新型コロナウィルス感染拡大防止のため、オンラインで行われたこのイベントには、日本全国各地のパネライオーナーが参加し、なかには家族一緒にカメラの前で楽まれる人も大勢おられた。



反町隆史もリラックスしたムードで、ご自身が釣り上げたブラックバスの写真を披露するなど、映画やテレビを通して見せる表情とはまた別の一面を見せた。「色々なものが変わっていく世の中で、パネライの時計は自分が初めて買った20数年前も、今もデザインがほとんど変わっていない。それなのに古さを全く感じさせず、魅力的。そこがパネライのすごいところだと思います。」と反町さんは語っていた。



反町さん着用のパネライ「ルミノール マリーナ -44mm」
自動巻き(Cal.P.9010)。31石。28,800振動/時。パワーリザーブ約3日間。SSケース(直径44mm)。300m防水。86万円(税別)

【関連記事】:腕時計市場特色の設計

シチズン【2021 新作】「カンパノラ」光発電エコ・ドライブ コレクションに新作3モデル登場

シチズンは、時を愉しむためのウオッチブランド『CAMPANOLA(以下、カンパノラ)』のエコ・ドライブ コレクションから、⽂字板表現を新たにしたムーンフェイズ3モデル、「天満星(あまみつほし)」、「天彩星(あまいろほし)、「紺瑠璃(こんるり)」を、5月13日に発売する。



⽂字板外周部に配したリング状のソーラーセルで光を吸収し発電する『ブランド時計 コピー』のエコ・ドライブ コレクションは、⽂字板の⽴体構造など、奥⾏きのあるフェイスデザインが特長。
左『カンパノラ』エコ・ドライブ コレクション「天満星」BU0020-71A 341,000 円(税込み)。
右『カンパノラ』エコ・ドライブ コレクション「紺瑠璃」BU0020-20A 286,000 円(税込み)。


版を8 回重ねて月のディテールを表現した月齢板
 今回の新作は、ムーンフェイズのリアルな表情を追求し、版を8回重ねて月のディテールを表現した月齢板を新たに採用した。さらにムーンフェイズ窓を傘型にすることで、月の満ち⽋けを⽰すムーンフェイズ機能を強調したデザインに仕上げている。6時位置のサブダイヤルは宇宙船の窓から見下ろす月と宇宙の壮⼤な風景を、日本の伝統⼯芸である漆と螺鈿で表現し、12時位置のサブダイヤルは太陽の輝きを象徴する、緻密な電気鋳造パターンを施した。また、夜光付きの時分針や曜日表記を⼤き⽬の書体にすることで視認性を高めている。



宇宙いっぱいに広がる星々をイメージしたモノトーンの「天満星(あまみつほし)」(BU0020-71A)と「天彩星(あまいろほし)」(BU0020-71E)の2 モデルには、フィット感のあるメタルバンド、宇宙から⾒た地球をイメージした「紺瑠璃(こんるり)」(BU0020-20A)には、カーフ⾰バンドを合わせた。ドーム型のガラスの中に宇宙空間を閉じ込めたような『チュードル 時計』の「宙空の美」を体現したモデルである。


CAMPANOLA(カンパノラ)/エコ・ドライブ コレクション
「天満星(あまみつほし)」



光発電エコ・ドライブ(Cal.8730)。月差±15 秒。SS(直径43.5mm / 厚さ14.8mm)。日常生活防水。34万1000円(税込み)。


CAMPANOLA(カンパノラ)/エコ・ドライブ コレクション
「天彩星(あまいろほし)」



光発電エコ・ドライブ(Cal.8730)。月差±15 秒。SS(直径43.5mm / 厚さ14.8mm)。日常生活防水。34万1000円(税込み)。


CAMPANOLA(カンパノラ)/エコ・ドライブ コレクション
「紺瑠璃(こんるり)」


光発電エコ・ドライブ(Cal.8730)。月差±15 秒。SS(直径43.5mm / 厚さ14.8mm)。日常生活防水。28万6000円(税込み)。

今年こそは金無垢の時計が欲しい~おすすめ金無垢時計

2月に入ってから少し経ちますが、一年のうち、一番寒い時期とはいえ、いまいちそれを感じない暖冬の令和二年でございます。

このまま暖かくなって欲しい気もしますが、スキー場が悲鳴を上げているということで、それはそれで問題ですね・・・。

さて、オメガ OMEGA (アンティーク)今回は金無垢時計ということで、個人的に金無垢の時計に興味がある私ですが、今まで1本も所有したことがありません。

そこで、今回は今年こそは金無垢の時計が欲しいということで、自分自身におすすめしたいモデルを考えていこうと思います。

ロレックス デイデイト

1本目は、ロレックス、デイデイト。

お値段の方は、3,507,900円。

国産のいい車が買えちゃうお値段ですが、さすがにそれくらいしますよね。

デイデイトは定番と言えば定番ではありますが、さすがにこれを着けている人は、街中ではそうそう頻繁には見かけないので、他人とかぶることは少ないかと思います。

バリエーションも豊富ですが、こちら36mmモデルがバランスがとれてていい感じではないでしょうか。

ロレックス デイトナ

2本目もロレックスから、デイトナ。

お値段の方は、3,873,100円。

デイトナと言えば、ステンレススティールモデルがダントツで人気ではありますが、価格のことを考えると、ゴールドのモデルもありかなと。

さすがに存在感が半端ないですが、着けていると間違いなく元気をもらえそうなパワーを感じますね。

個人的にはこちらのタイプのベゼルが好みなので、そうなってくると、現行品ではゴールドかコンビのモデルしかなくなってくるというのも悩ましいところです。

時計好きの方なら、誰もが一度は憧れるデイトナ。

思い切って、その金無垢モデルを選択するというのもよいのではないでしょうか。

パネライ ラジオミール

3本目は、パネライ、ラジオミール。

お値段の方は、2,618,000円。

革ベルトなことと、裏蓋がシースルーバックということで、金無垢モデルとはいえ若干、お値段の方は控えめといってもよいのでしょうか。

それでもかなりの高額ですが・・・。

パネライの時計はケースサイズの大きなものが多く、それがゴールド仕様となるとやはり、存在感は凄いものがありますね。

ラジオミールだとデザインがシンプルな分、ゴールドの美しさがひと際、映えるように思います。

パネライが使用するゴールドは特殊な合金だそうで、含まれる銅の割合によって、濃いレッドカラーに見えるのだとか。

プラチナも含まれていて、これにより、金属の酸化を防ぐことができるのだそうです。


オメガ シーマスター300

4本目は、オメガ、シーマスター300。

お値段の方は、3,817,000円。

まさに金無垢といったいで立ちの雰囲気ですが、通常ラインナップではステンレススティールのモデルが人気のモデルを、あえて金無垢でというのもなかなかお洒落ですね。

とはいえ、スケルトン仕様の裏蓋になっているわりには、なかなかお値段しますね・・・。

やはり、ブレスレットも金無垢となると、重量もあってか、かなり高額になってきます。

さすがにこれを着けて海に潜ろうなんて人はいないと思いますが、ダイバーズウォッチと金無垢の相性もなかなかかっこいいと思います。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク クロノグラフ

5本目は、オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク クロノグラフ。

お値段の方は、5,900,000円+税。

世界中で人気のロイヤルオークですが、やはりかっこいいですよね。

金無垢のモデルになってくると、こちらもそうそう手が届く額ではありませんが、これが買える方というのは間違いなく人生の勝者ですね。

ラグジュアリースポーツウォッチということで、ステンレススティール製が人気と言えば人気かと思いますが、金無垢のモデルも買える方にはおすすめです。

なんといっても、これくらいのクラスになると、他人とかぶることなんてまずないですからね。

時計屋さんに行っても、接客は確実に変わってくるのではないでしょうか・・・。

Gショック、25年目の初物

CASIO(カシオ)/GM-6900G-9JF

樹脂+SSケース、クオーツ、49.7×53.9mm、2万6000円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)
CASIO(カシオ)/GM-6900G-9JF
1983年の誕生以来Gショックはタフネスを追求し、時計の既成概念を覆したスタイルは世界中の若者に支持され、いつの時代もファッションと結びついてきた。

なかでも人気の高い6900シリーズは、Gショック初のフロントボタンを備えた丸型ケースに、3つのインジケーターが並ぶユニークなレイアウトは“三つ目”の愛称で親しまれている。



当時スラッシャー系にも大人気となり、ストリートカルチャーのシンボルにもなったほどだ。その独創性は今も際立つ。

今年は誕生25周年を迎え、初のメタルベゼルが登場した。ケースを覆うメタルベゼルは、凹凸の多い複雑なフォルムを再現するため、約20の鍛造工程に切削と研磨を繰り返している。

そしてラグジュアリーなゴールドカラーに、ブラックで統一したディスプレイやラバーストラップが精悍さを演出する。



大人になっても持ち続ける反骨心を、改めて実感するにも最適だ。

アメカジ好きを満たす“モノ語り”

ベージュのチノパン、真っ白なTシャツにスニーカー。そして、長い年月をともに歩んできたかのような程よく色落ちしたGジャン。

まずはオーセンティックなアイテムを組み合わせた、直球のアメカジスタイルを例にとろう。


「カーキ パイロット パイオニア メカ(型番:H76419931)」SSケース、手巻き、H36×W33mm、NATOストラップ 9万6000円/ハミルトン(ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)
そこに迎えたのは、1970年代のミリタリーウォッチを再現した「カーキ パイロット パイオニア メカ」。

幅33mmと小振りながら、ラグと一体化したSSケースが確かな存在感を発揮するパイロットウォッチだ。要所にヴィンテージテイストを感じさせるルックスは、言わずもがなアメカジと抜群の相性。



「カーキ パイロット パイオニア メカ(型番:H76419931)」SSケース、手巻き、H36×W33mm、NATOストラップ 9万6000円/ハミルトン(ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)
例えばブラックダイヤルの表面はあえて粗くマットに仕上げることで、独特のざらっとした表情に。グレーのNATOベルトが持つナチュラルな着け心地と質感は、着込むほどに味わいを増すデニムのようにヘビーユースを促すだろう。

適度に力が抜けたルックスと、実用的な使い勝手の良さを備える。ある意味、アメカジの真骨頂とも言える魅力を持つ時計だが、驚くことに出自はアメリカにあらず。北米から北大西洋を挟んだ向こう側、英国空軍用の官給時計である「W10」をルーツとするのだ。



「カーキ パイロット パイオニア メカ(型番:H76419931)」SSケース、手巻き、H36×W33mm、NATOストラップ 9万6000円/ハミルトン(ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)
1940年代に米国軍のサプライヤーとなったハミルトンは、その後の’60~70年代にかけて英国軍にも時計を納入していた。

この「カーキ パイロット パイオニア メカ」はオリジナルにアップデートをかけ、80時間のパワーリザーブを誇る手巻きの最新キャリバー「H-50」を搭載する。


方で、ボックス型にぷっくりと膨らんだ強化ミネラルクリスタル製の風防や、針とインデックスに塗られたベージュカラーの蓄光塗料など古き佳き“レトロ顔”は健在。

外見は大きく変えず、機能性に特化して進化。この取捨選択のバランスも、本質を知る大人の時計に相応しい。

時計が持つストーリー、それを反映するディテール。“モノ語り”に惹かれるアメカジフリークであれば、米軍ならぬ“英国軍モノのカーキ”も、ハズせないキラーチューンとして押さえておいて頂きたい。

【関連記事】​​​​​​​: 人気新作腕時計が発表され、新商品が発売されました。

オリンピックホッケー選手が好きなメンズ腕時計おすすめ


オメガ、シーマスター。

お値段の方は、110,000円。

このシーマスター、懐かしいですね。

当時は人気で、実際、着けている方もたくさん見かけましたし、かなり売れていた印象があります。

少し幅の広い、プレーンなベゼルは、個人的にツボで、シンプルな文字盤デザインと相まって、着ける場面を選びません。

カジュアルな服装はもちろん、スーツにもばっちり映えるので、まさに万能時計といってもいいかもしれません。

画像でみる限り、かなりコンディションはいいようで、オートマチックでこのお値段だと、お買い得ですね。



ジャガー・ルクルト、マスター・コントロール。

お値段の方は、389,400円。

ジャガー・ルクルトと言えば、確かな技術力を誇り、オーデマピゲ 時計 価格他ブランドにもムーブメントを提供してきた実績から分かるように、素晴らしいブランドです。

日本での知名度はあまり高くないかもしれませんが、時計に少しでも興味のある方であれば、知らない人はいないくらい有名なブランドではあります。

中古とはいえ、そのジャガー・ルクルトのマスター・シリーズがこの価格で買えるのは、やはりトケマーならではですね。

中古ならもっと安いお値段で買えるかも?お得なローン無金利キャンペーンも実施中!

ここまで幅広くペアウォッチにおすすめのモデルをご紹介してきました。オメガは高級時計ブランドの中では比較的手の届きやすい価格のモデルが多いとは言え、やはり少しでもお得に購入できた方が嬉しいですよね。

そんなときには中古という選択肢もおすすめです。冒頭でも少し触れましたが、当店では中古の腕時計も取り扱っております。

例えばコンステレーションの中古品の場合・・・

左:コンステレーション Ref.123.10.35.20.01.002 228,000円(税込)
右:コンステレーション ポリッシュクォーツ Ref.123.15.24.60.51.002 228,000円(税込)

※表示価格は2020年2月現在の当店ジャックロードの在庫価格です。

画像のモデルのメーカー希望小売価格はそれぞれ左が420,000円(税抜)、右が580,000円(税抜)。同じ型番のモデルが中古なら正規の半額程度の価格となり、大変お得です(※価格は変動する可能性がございます)。

当店では中古品も専門店ならではのクオリティにこだわって徹底的にメンテナンスをし、表面の擦り傷なども磨き上げて新品のように綺麗に仕上げてから店頭にお出ししております。また、中古でも1年間のアフターサービスがついておりますので、安心してお求めいただけます。

左:デ・ヴィル トレゾア マスター コーアクシャル Ref.432.53.40.21.02.002 828,000円(税込)
右:デ・ヴィル トレゾア Ref.428.58.36.60.02.001 698,000円(税込)

品のあるデ・ヴィルの中でもひときわエレガントで美しいデ・ヴィル トレゾア。鏡面仕上げされた裏蓋には大輪の花の模様が刻まれ、スリムなケースには優雅な曲線を描くようにダイヤモンドがあしらわれており、美しさを追求するオメガのこだわりが感じられます。

こちらもメンズ、レディースともにケースにセドナゴールドが使用されています。クラシカルで品のあるデザインは、婚約・結婚の記念品にもぴったりです。

いかがでしたか。

人気のオメガから、価格・デザインが異なる様々なタイプのペアウォッチをご紹介しました。カッコいいスポーツウォッチから上品なドレスウォッチまで、どれも良くて迷ってしまいます。

精度をはじめとした時計の本質にこだわり、流行にとらわれないデザインが多いオメガなら、大切な相棒として一生使う事のできる一本が見つかると思います。

せっかくのペアウォッチ、お互いの好みに合うものをじっくり選んで一生モノとして恋人や夫婦の大切な時間をずっと刻んでいきたいですね。

【関連記事】:デイリー使いできるオシャレな時計が欲しい大切な人に

オリンピックのゴルフ選手のコーチが好きな腕時計です。


高度な自社製ムーブメントの開発が、同社のポジションを高める礎となったことは歴史が物語っている。ご多分に洩れずこちらへも、巻き上げ効率を格段にアップさせた改良型ムーブメント、キャリバー1887を搭載。セラミック製のタキメーターベゼルは利便性だけでなく美しい光沢を放っており、モータースポーツをベースに持つ「カレラ」らしい分数をあしらったインデックスがスポーティさをさらに加速させている。


この精かんかつメカニカルな顔つきが、『タグホイヤー 時計 電池交換』のモータースポーツとの深い関わりを再認識させてくれる1本。全体をオールブラックで統一したケースはチタニウムカーバイドコーティングが施され、サンドブラスト仕上げによりグッとマットで洗練された趣へ。バンドに使われたブラックアリゲーターはギラつきすぎない大人っぽい質感で、裏地に鮮やかなレッドを配することでスポーティな印象を高めてくれる。


優雅な見た目に、単なるスポーツウォッチではない確かな矜持が見て取れる。マイルドな色味のホワイト文字盤に浮かび上がるアラビアンインデックスはポリッシュ仕上げが施され、ローズゴールドのやさしい輝きが大人に似合うエレガンスを主張。パロディ 通販すり鉢状の凹凸により表現したスモールセコンドも実にモダンな印象だ。なお、ケース径は通常よりもひと回り大きい43mmに設定。見やすさと男性らしさも程良くトッピングすることに成功している。

父の日 オリンピック新体操女子選手が父の腕時計を贈る

ここまでは、アンティークウォッチの愉しみ方について聞いたが、では、その取り扱いにはどんな注意が必要だろうか?

アンティークウォッチの注意点
(1)雨の日は着用しない
アンティークウォッチの最大の敵はやはり「水」である。現行品とくらべても防水性は圧倒的に低く、基本的に非防水だと考えておいたほうがよい。雨の日は着用を避け、手洗いの際などにもうっかり濡らしてしまわないよう十分に注意したい。少しでも水に濡れそうなシーンでは時計を外すなどの配慮が必要だ。

(2)落とさない・ぶつけない
これは現行・アンティークに共通していえることだが、とりわけアンティークの風防はプラスティック製やミネラルガラス製であるため破損しやすい。タグホイヤー 時計 人気それゆえ取り扱いには十分注意しよう。

仕事時にアンティークウォッチをつけるのはルール違反? ロレックスをはじめ憧れブランドも比較的低価格から手に入るのがアンティークウォッチの醍醐味だが、取り扱いには気をつけるべき点がいくつかある。写真の時計の詳細は、こちらの記事を。
(3)高精度は期待しない
製造から50年以上経た機械式製品であるゆえ、当然ながら現行品同等の精度の高さは見込めない。また、デイト表示の日送り機構など、アンティーク特有の操作方法がある場合もあるので購入時に確認しておいたほうがよい。

(4)信頼できる店で買う
ネットオークションなどでも比較的安く販売されているアンティークウォッチだが、出所の不確かな商品を買うのは危険である。粗悪品や偽造品をつかまされないためにも、専門の技術者がいる有名アンティーク時計店で購入することをお勧めしたい。

以上、アンティークウォッチの注意点をあげてきたが、スマホやクォーツ時計が普及しているこの時代、アンティークに過剰な実用性を求める人はあまりいないだろう。スポーツやレジャー時には少々ぶつけても平気な腕時計をすればいいわけで、アンティークは基本的にはオフタイムを中心に、好きなファッションと合わせ、ゆっくりとした自分の時間を楽しむためのものなのだ。

【関連記事】​​​​​​​: 2021ファッション人気腕時計情報

オリンピック現代五種の選手のコーチが好きな腕時計です。

ハミルトンは、1892年にアメリカで創業された腕時計ブランドです。特にジャズマスターは人気が高く、世界中に愛用者も多く親しまれています。

こちらの腕時計は、ジャズマスターシリーズの「オープンハート」という商品です。オメガ時計 メンズ 人気名前の通り文字盤が大胆にカットされたデザインで、時計の心臓部が見えるという特徴があります。

自動巻きの機械式のため、毎時振動数28800回を感じることができます。ハミルトンのジャズマスターに憧れる男性は少なくないので、旦那様や彼氏へのプレゼントに最適です。


【関連記事】:ロレックス男性腕時計の人気ランキング

ジャケパン通勤に映えるアンダー30万円の本格時計2モデルとは?

ジャケパン通勤に映えるアンダー30万円の本格時計2モデルとは?
Facebook Twitter 友だち追加
ジャケパン通勤に映えるアンダー30万円の本格時計
時計の合わせ方も脱セオリーが進んでいるからこそ、自分なりの流儀やロジックで装いとのミックス&マッチを楽しむのが今どきの作法。そこで、本誌ウォッチディレクターが個人的ファッション目線で新作時計を品評してみた。チュードル 時計是非スタイリングの一助としてほしい。

M.E.ウォッチディレクター 中里 靖M.E.ウォッチディレクター
中里 靖
長年M.E.ファッション班でキャリアを積んできたが、2012年より『時計Begin』編集長を務め、今ではすっかり時計の人。今年より本誌のウォッチディレクターに就任。

for Jacket Style
Jacket Style
ジャケット16万4000円/ラルディーニ、パンツ4万円/PT TORINO、靴12万8000円/ボードイン&ランジ (以上ストラスブルゴ) ニット2万2000円/モルガーノ(インテレプレ) 鞄4万9000円/シセイ(アトリエ・ボノム)

「“引き算”ができるクロノグラフ」
誕生20周年を迎えた看板シリーズ。「振り幅の広いジャケパンには、ドレスにもカジュアルにも合うブレス時計が便利。こちらは白×青の配色が端正で、色柄の効いた装いで程よく“引き算”ができる時計です」自動巻き。径43㎜。SSケース。29万5000円(DKSH ジャパン)

ORIENT STAR
オリエントスター
「メカニカルムーンフェイズ」
オリエントスター 「メカニカルムーンフェイズ」
「程よく色気を演出するならこちら」
セミスケルトン仕様がアクセント。「右と同じSSケース&ブレスでも、こちらはブラック×ゴールドの配色で艶気のある佇まい。シンプルなジャケパンスタイルにアクセントを添えるのに役立ってくれそうです」自動巻き。径41㎜。SSケース。17万円(オリエントお客様相談室)

【関連記事】:2021スニーカー コピー おすすめ

世界の小売チャネルにおけるクロノグラフのセレクションの幅広さを基準にするなら




 まとめてみると、ホイヤー、ハミルトン、ブライトリングが1969年夏に発売した自動巻きクロノグラフは、腕時計好きに多大な選択肢をもたらした。「マイルド」な自動巻きクロノグラフを求める層はホイヤーカレラかハミルトンクロノマチックを選んだかもしれない。一方「ワイルド」志向の層は、色々な機能を載せたブライトリングの「ピッツァ」や、フォンテーヌブローという幾何学パズル、はたまたホイヤーモナコの大胆な形や色を楽しんだかもしれない。

 そして総合すると、3ブランドは全世界展開においてメリットを得た。こうしたモデルはあらゆる販売店や専門家(例えばレーサー、パイロット、エンジニアの要望に応えるカタログ会社)を通して売られたのだ。タグホイヤー カレラ自動巻きクロノグラフを最初に売り出すというレースにどのメーカーが勝ったかという問題の答えは、世界の小売チャネルにおけるクロノグラフのセレクションの幅広さを基準にするなら、間違いなくプロジェクト99のチームの優勝だ。

収集価値について – 2019
 ホイヤー、ハミルトン、ブライトリングが1969年に自動巻きクロノグラフをさまざまなバリエーションで発売したことで、50年後にこうしたモデルの「第1期生」を求めるヴィンテージ腕時計ファンにも多くの選択肢が与えられている。4000ドル (約44万円) 以下のエントリーレベルのチョイスならホイヤーカレラ、ハミルトンのフォンテーヌブローまたはクロノマチック、あるいはブライトリングRef. 2110 / 2111 / 2112モデルがいいかもしれない。中級レベル(4000ドル〜 1万2000ドル/約44万円〜131万円) であればブライトリングRef. 7651 (コー・パイロットかヨッティング) または Ref. 1163、文字盤黒または白のオータヴィア(Automatic Chronograph表記のもの)。そしてCal.11の頂点を極めたいコレクター (1万2000ドル/約131万円以上) で時間をかけて探す覚悟があるなら、ホイヤーの文字盤にChronomaticの表記が入ったモデルや、ホイヤーまたはブライトリングの18KYGモデルを狙うのもいいだろう。


クロノスポートカタログ (1969年 / 1970年)に掲載されているホイヤーおよび、ブライトリングのラインナップ。

革命
 腕時計ファンは自動巻きクロノグラフ誕生という革命をこれまでも称えてきたし、今日でも最高級クロノグラフの多くは自動巻きムーブメントを採用している。しかしプロジェクト99チームは新しいムーブメントの技術的側面に取り組んでいたと同時に、ホイヤー、ハミルトン、ブライトリングの3ブランドは、新しい自動巻きクロノグラフのデザイン面でそれぞれに革命を起こしていた。

 クォーツ腕時計の登場を受けて、1970年代になるとこの3ブランド始めその他すべての機械式腕時計メーカーは多大な困難や障害に直面した。それでも1969年のクロノマチック誕生を通し、ホイヤー、ハミルトン、ブライトリングはスウィンギング60年代スタイルを最高の形で華々しく世に送り出した。

OnTheDash では クロノマチックの総合文献目録を紹介している。またInstagramのハッシュタグ #Chronomatic50 では素晴らしいクロノマチック時計が何百と見られるのでぜひチェックを。

ライターより: この記事のために画像や情報、ブライトリングとそのヴィンテージファンに関する着想も提供してくれた@WatchFred に感謝します。

ブライトリングの新機軸

ほとんどの時計は、先代モデルのデザインを再解釈したものだ。それがブランドの特徴であり、同じものを繰り返し使うことで独自のデザイン言語を確立しているのである。ブライトリングはこの時計を "リ・エディション"と呼んでいるが、私はこのネーミングを正当かつ的確だと評価している。フォティーナ(これは確かに“着色に過ぎない”が、ほとんどの場合、復刻版や旧モデルへのオマージュを込めた時計に積極的に採用されている)を施していることや、夜光プロットにラジウムが使われていないことから、旧モデルの精神を受け継いでいないと言う人もいるだろう。私はかなりの期間、この2本の時計を併用していたが、もし53年モデルがNOS(未使用品)で1日たりとも使用されていなかったら、見分けるのにとても苦労しただろう。時計の重さの違いさえも気づかないほどだったからだ。


 この時計の動力源は、ブライトリングのCal.B09だ。オリジナルと同じく、手巻き式のコラムホイール式クロノグラフムーブメントである。巻き上げてみると、思わず笑みがこぼれる。リューズの操作性は非常に優秀で、ラチェット歯車が回転するたびにクリック感がダイレクトに伝わってくる。ただし、その様子は、スティール無垢の裏蓋を採用しているため窺い知れない。むしろ好感がもてる点だ。

 なぜ70年近く隔て、同じ時計を作るのか? それは、この方法論が有効だからだ。ジョージ・カーン率いるブライトリングが、ヴィンテージ・ブライトリングの収集コミュニティが昔から知っていたことを発見しているからである:ブライトリングの最も興味深いデザインの多くが、50年代から70年代にかけて発表されていることだ。ナビタイマー Ref. 806 1959リ・エディションは、2019年のバーゼルワールドで発表されたのを皮切りに、以来ブライトリングは歩みを止めることはなかった。ゾロ風ダイヤルの“トップタイム”リ・エディションやスーパーオーシャン ヘリテージ '57の成功を思い出してほしい。カーンのアプローチに最初は懐疑的だった収集家のコミュニティも、このレトロへの舵切りを熱狂的に受け入れていると思う。

【関連記事】:様々な流行の時計ファッションニュースと今後の動向

ページ移動